まさか自分の体臭がきついなんて

まさか自分の体臭がきついなんて

私はどうにも体臭がきつい体質らしいんですね。自分ではそれほど気にしていなかったのですが、家族から指摘されて初めて気がつかされました。はっきり言われてみると、今までの自分の人生の中で、思い当たるフシがいくつもありました。私の体臭がきついということを、私は認めざると得ませんでした。初めて自分は体臭がきついと知ったときはとてもショックでしたが、認めてしまった以上は、なんとか体臭の対策をしなければなりません。私はいろいろと自分なりに体臭対策をやってみましたよ。

 

 

 

基本の対策は毎日お風呂に入ることですが、これはシャワーではなく、私は毎日お風呂を沸かして湯船に浸かることにしています。これはお風呂に浸かることで汗を出して、代謝を活発にしているんですね。代謝が悪いと出てくる汗も臭くなるので、気を使っています。

 

 

 

そして日常ではなにより汗をかかないことを心がけています。私は汗をかくと体臭がきつくなるので、なるべく走らないよう焦らないよう、時間に余裕をもって行動することにしています。

 

そして汗をかいてしまったら制汗スプレーでなんとかしていますよ。

 

私の加齢臭対策は、デオドラントシートです。

最近は加齢臭と言う言葉に、敏感に反応するようになってきました。

 

月日が経つのは早いもので、気が付いたら私も40代半ばになり、完全な加齢臭世代の仲間入りをしてしまいました。

 

 

 

自分の加齢臭に気が付いたのは、40代に入った頃だったと思います。

 

ある夏の日着ている洋服から、何とも言えない臭いが漂ってきました。

 

ただの汗の臭いとは違う、不快な臭いです。

 

 

 

自宅に帰り着ているトップスを脱ぎ、鼻を近づけてみました。

 

臭いの原因はどうやら、うなじの下辺りのようです。

 

首の後ろだったら拭き取るタイプが良いのではないかと思い、ドラックストアに行き特売になっていたデオドラントシートを、買ってきました。

 

 

 

シートを取り出しうなじの下を中心に優しく拭き取るようにしたら、嫌な加齢臭は直ぐに気にならなくなりました。

 

デオドラントシートを常にポケットやバッグの中に入れておけば、気になった時にサッと拭き取るだけで加齢臭を簡単にリセットすることができるので、とても助かっています。